西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2015年2月1日放送
「レコンキスタに決起すべきとき1」

放送内容

イスラム国に対してテロは許されないと断罪し、その誕生の経緯に目を向けないメディア…イラク戦争をはじめとする、アメリカの国家テロリズムともいえる行動がイスラム国を生んだといえるのではないか?同時に、イスラム国には謀略の影が見てとれる。なぜ、イスラエル、パレスチナ問題には言及しないのか?民間外交に精通した木村三浩が鋭く国際情勢をよみとき、「レコンキスタ」の意義を問い掛ける。

ゲスト紹介

木村三浩
木村三浩
きむらみつひろ
一水会代表。1956(昭和31年)東京都文京区生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1981年新右翼「統一戦線義勇軍」の結成に参加し、議長に。1992年に一水会書記長に就任。2000年より同代表。

良著のすすめ

表現者 2015年 01月号 [雑誌]
表現者2015年1月号 好評発売中
特集 「ポツダム」を超えて 
【タグ】 政治  社会  歴史  国家  戦争      
西部邁ゼミナール TOP