西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2014年11月2日放送
瀬戸際の日本外交 ―米中韓、そしてロシアと如何にわたり合うか【2】

放送内容

戦後70年ヤルタ・ポツダム体制の中で日本が失ってきたもの。
尖閣、領土、歴史認識、集団的自衛権・・・
今の日本を取り巻く外交。日中、日韓、日露、
その背景にある対米からの自立。
自由・平等・友愛・合理・理性を掲げて歴史をぶっ壊し、
制度を根本的に変革するという近代主義、革新主義、改革主義。

単純な世界の構図をみれば日本のポジションも自ずからみえてくる。

危機を乗り超えるための実践的な智恵を国民が歴史の中で学ぶ。

ゲスト紹介

東郷和彦
東郷和彦
とうごうかずひこ
京都産業大学・世界問題研究所長

1968(昭和43年) 東京大学教養学科国際関係論卒
2009(平成21年) ライデン大学で博士号(人文科学)
【著書】歴史認識を問い直す(角川oneテーマ21)ほか多数
原洋之介
原洋之介
はらようのすけ
政策研究大学院大学特別教授。 
昭和19年(1944年)兵庫県生まれ。昭和42年(1967年)東京大学農学部農業経済学科卒業、昭和44年(1969年)東京大学大学院農学研究科農業経済学修士号取得。昭和61年(1986年)東京大学東洋文化研究所教授、平成10年(1998年)東洋文化研究所長、平成14年(2002年)東京大学情報学環・東洋文化研究所教授を歴任。

【著書】著書『エリア・エコノミックス』『新東亜論』『東アジア経済戦略』『「農」をどうするか』『北の大地、南の列島の農』ほか。
富岡幸一郎
富岡幸一郎
とみおかこういちろう
文芸評論家、雑誌「表現者」編集長、関東学院大学文学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。
1957(昭和32年)東京生まれ、中央大学文学部仏文学科卒。
在学中「意識の暗室―埴谷雄高と三島由紀夫」で『群像』新人賞評論優秀作を受賞、文芸評論活動に入る。 
西部邁 西部邁ゼミナール塾長
評論家、雑誌「表現者」顧問

1939年(昭和14年)北海道生まれ
1964年(昭和39年)東京大学経済学部卒業。在学中、
東大自治会委員長・全学連中央執行委員として
60年安保闘争に参加。学生運動から離脱後、
大学院にて近代経済学を研究し、東京大学教授を歴任。

【著書】
「経済倫理学序説」(吉野作造賞)、
「生まじめな戯れ」(サントリー学芸賞)、
「サンチョ・キホーテの旅」
 (2010年文化庁芸術選奨受賞)ほか多数。

「中江兆民 百年の誤解」(時事通信社)

良著のすすめ

表現者 2014年 11月号 [雑誌]
表現者11月号 真の国民輿論を巻き起こす MXエンターテインメント(株)
特集 米ロ対決-「大戦」の足音がする 馬渕睦夫 木村三浩 柴山桂太
表現者 2014年 09月号 [雑誌]

表現者2014年09月号 ¥1,337
【お近くの書店でお問い合わせ下さい。】特集「滅びを覚悟で戦うとは」-国防の意志を高めよ、座談会「集団的自衛権とは何か-安全保障の罠」『大東亜戦争とは何だったのか』桶谷秀昭×福田逸×富岡幸一郎×西部邁
表現者 2014年 07月号 出版社MXエンターテインメント隔月刊版
表現者 2014年 07月号 MXエンターテインメント
保守思想が再建する国家と人間
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史  国家  戦争    
西部邁ゼミナール TOP