西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2014年3月8日放送
「原発」はいかに議論されるべきか 黒鉄ヒロシ×西部邁 「都知事選をどうみたか」

放送内容

■「脱原発」「反原発」という紋切り型のスローガン掲げるだけの幼稚さ


■「原発文明」をどう感じているか、廉直にしゃべるべき頃


■国家(国民とその政府)が試されている時代


■放射線量ばかりが叫ばれ「放射線率」の議論もしないばかばかしさ


■間違った研究が世界に広がる専門家による学問

ゲスト紹介

黒鉄ヒロシ
黒鉄ヒロシ
くろがねひろし
漫画家。1945(昭和20年)高知県出身。1968(昭和43年)『山賊の唄が聞こえる』で漫画家としてデビュー、1997(平成9年)『新選組』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞、第43回文藝春秋漫画賞を受賞、1998(平成10年)『坂本龍馬』で第2回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞。2004(平成16年)紫綬褒章。

【著作】『もはや、これまで 経綸酔狂問答』(西部邁との共著)(PHP研究所)、『千思万考』『千思万考-天之巻』『千思万考-乱之巻』(幻冬舎) 「新・信長記」(PHP研究所) 『信長遊び』(リイド社) 『龍馬を斬る 誰が龍馬を殺したか』(小池書院) 『伊勢物語 (マンガ古典文学シリーズ)』(小学館) ほか多数。

良著のすすめ

表現者2014年03月号¥1,300ジョルダン
表現者2014年03月号¥1,300ジョルダン
特集 保守論客が説く「全体主義」の本質
座談会 グローバル時代の「全体主義」先崎彰容、三浦小太郎、中島岳志、柴山桂太、富岡幸一郎、西部邁
もはや、これまで 経綸酔狂問答 西部邁(著)黒鉄ヒロシ(著)PHP研究所¥1,890
もはや、これまで 経綸酔狂問答 西部邁(著)黒鉄ヒロシ(著)PHP研究所¥1,785
ニ粋人が劣化列島の頂で絶望を朗らかに語る、真剣な冗談。
【タグ】 政治  経済  社会  文化  歴史      
西部邁ゼミナール TOP