西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2014年2月1日放送
表現者シンポジウム 「保護主義の大切さを知れ-国家論の再建」

放送内容

□政治における「民主主義」の堕落

□経済における「資本主義」の暴走とグローバリズム

□国家の中枢まで進む「衆愚政治」

□「大衆」とは何か?多数者による専制はどこまで続くのか

□中国、韓国、インド、エジプト、ヨーロッパと地球規模に活動が
広がるほど矛盾や葛藤も増える

□国防の大事さ、国民およびその政府がつくったものを守る

ゲスト紹介

富岡幸一郎
富岡幸一郎
とみおかこういちろう
文芸評論家、雑誌「表現者」編集長、関東学院大学文学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。 1957(昭和32年)東京生まれ、中央大学文学部仏文学科卒。在学中「意識の暗室―埴谷雄高と三島由紀夫」で『群像』新人賞評論優秀作を受賞、文芸評論活動に入る。 

【著書】『打ちのめされるようなすごい小説』(飛鳥新社)、『非戦論』(NTT出版)、『文芸評論集』(アーツアンドクラフツ)、『新大東亜戦争肯定論』(飛鳥新社)、『スピリチュアルの冒険』(講談社)、『使徒的人間─カール・バルト』 (講談社文芸文庫) 『千年残る日本語へ』(NTT出版)、『最後の思想―三島由紀夫と吉本隆明 』(アーツアンドクラフツ)  【共著】『私小説の生き方』(アーツアンドクラフツ)、「文明」の宿命(NTT出版)ほか。

良著のすすめ

表現者 2014年01月号¥1,300
表現者 2014年01月号¥1,300
国家を守る外交と内政
価値観外交と道州制の罠
【特集座談会】安倍内閣の価値観外交を考える
【座談会】国家を崩す道州制と地方分権
中江兆民 百年の誤解 【著】西部邁 時事通信社 ¥1,890
中江兆民 百年の誤解 【著】西部邁 時事通信社 ¥1,890
「フランスは、自由と平等に狂う瘋癲病である・・・」(中江兆民)。民主主義の元祖と伝えてきた知識人による百年にわたる中江兆民の誤解を読み解く良著。
【タグ】 政治  経済  社会  歴史  国家      
西部邁ゼミナール TOP