西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2013年12月14日放送
小津安二郎監督没後50年 その格調高き映像を見よ、その知恵多き科白を聞け 山内靜夫×富岡幸一郎×西部邁

放送内容

■ 小津安二郎監督の映画づくりと人格

■ 評価されるべき野田高悟氏による小津映画への貢献

■ 志賀直哉や里見とん との関係 

■ 歴史の積み重ねを感じさせられる科白・所作

■ 世界の監督が選んだ映画「東京物語」

■ 生涯独身であった小津監督から見た家族の視点

■ 小津映画の深いところにある母との関係

■ 昔の人たちは、ひとりひとりが威厳を持ち生きて死んでいった

ゲスト紹介

山内靜夫
山内靜夫
やまのうちしずお
1925(大正14年)作家・里見とんの四男として鎌倉に生まれる。
慶應義塾大学卒業後、松竹株式会社に入社。
1956(昭和31年)の小津安二郎監督作品「早春」より小津組プロデューサーとなる。
1978(昭和53年)松竹株式会社取締役に就任。
1992年鎌倉ケーブルテレビコミュニケーションズ代表取締役社長。
2004年から2012年まで鎌倉文学館館長。2006年から2012年まで鎌倉市芸術文化振興財団理事長を歴任。

【著書】『松竹大船撮影所覚え書』『八十年の散歩』など。
小津安二郎監督が書いた『蓼科日記 抄』(小学館スクウェア)刊行会の代表を務める。
富岡幸一郎
富岡幸一郎
とみおかこういちろう
文芸評論家、雑誌「表現者」編集長、関東学院大学文学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。 
1957(昭和32年)東京生まれ、中央大学文学部仏文学科卒。在学中「意識の暗室―埴谷雄高と三島由紀夫」で『群像』新人賞評論優秀作を受賞、文芸評論活動に入る。 

【著書】『打ちのめされるようなすごい小説』(飛鳥新社)、『非戦論』(NTT出版)、『文芸評論集』(アーツアンドクラフツ)、『新大東亜戦争肯定論』(飛鳥新社)、『スピリチュアルの冒険』(講談社)、『使徒的人間─カール・バルト』 (講談社文芸文庫) 『千年残る日本語へ』(NTT出版)、『最後の思想―三島由紀夫と吉本隆明 』(アーツアンドクラフツ) ほか。 
【共著】『私小説の生き方』(アーツアンドクラフツ)、「文明」の宿命(NTT出版)ほか。
鎌倉文学館収蔵品展 生誕110年小津安二郎12月7日(土)~4月20日(日)鎌倉文学館
『晩春』『東京物語』『彼岸花』などの作品で知られる脚本家で映画監督の小津安二郎は、昭和27年から北鎌倉に住みました。
生誕110年を記念し、小津日記をはじめ、愛用品、愛蔵品などの寄託資料を一堂に紹介します。
開館時間 9:00~16:30(12月~2月)
9:00~17:00(3月~4月) 
休館日 月曜日(1/13は開館)、年末年始(12/29~1/3)
観覧料 大人300円 小中学生100円

良著のすすめ

表現者2013年51号 特集 保守による「保護主義」のすすめ ジョルダン¥1,300
表現者2013年51号 特集 保守による「保護主義」のすすめ ジョルダン¥1,300
保守による「保護主義」のすすめ
【特集座談会】
保護主義の正しさ――「自由貿易」が日本を滅ぼす

【座談会】
明治の精神――「開国」主義の罠
もはや、これまで 経綸酔狂問答 【著】西部邁・黒鉄ヒロシ PHP研究所 ¥1,890
もはや、これまで 経綸酔狂問答 【著】西部邁・黒鉄ヒロシ PHP研究所 ¥1,890
ニ粋人が劣化列島の頂で絶望を朗らかに語る、真剣な冗談・・・現代日本を読み解くのにもっとも参考になる書物のひとつ。
中江兆民 百年の誤解 【著】西部邁 時事通信社 ¥1,890
中江兆民 百年の誤解 【著】西部邁 時事通信社 ¥1,890
「フランスは、自由と平等に狂う瘋癲病である・・・」(中江兆民)。民主主義の元祖と伝えてきた知識人による百年にわたる中江兆民の誤解を読み解く良著。
【タグ】 文化  歴史  教育        

●アーカイブメニュー



◆ タグ
政治 経済 社会 文化 歴史 教育 国家 戦争
2017年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2016年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2015年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2014年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2013年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2012年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2011年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2010年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2009年
12月
2009年以前のアーカイブはこちら >>
西部邁ゼミナール TOP