西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2013年10月26日放送
社会保障を軽んじるのか、アベノミクス

放送内容

□ バランスの取れた社会保障についての本質論

□ 社会保障を軽んじるのか、アベノミクス

□ 社会保障の安定財源は不可欠であるが、消費税だけでは、引き上げばかりで問題が大きい

□ 負担能力の高い人たちの保険料率が低い 

□ 損得感覚ではなく国民全体で皆保険を支える負担と仕組みづくりを

□ 社会保障と税の一体改革を考えるヒント

□ 国民負担のあり方を考える

ゲスト紹介

二木立
二木立
にきりゅう
1947年(昭和22年)生まれ、1972年東京医科歯科大学医学部卒業。
医学博士(東京大学)、博士(社会福祉学:日本福祉大学)。
1985年より日本福祉大学社会福祉学部教授着任後、大学院社会福祉学研究科長、社会福祉学部長、日本福祉大学COEプログラム・拠点リーダー、大学院委員長、大学院福祉社会開発研究科長、副学長・常任理事などを歴任。主な社会的な活動として、日本学術会議連携会員、日本医師会医療政策会議委員などを務める。 日本リハビリテーション医学会、日本社会福祉学会、日本社会政策学会、医療経済学会などに所属。
【著書】『TPPと医療の産業化』(勁草書房)、『現代日本医療の実証分析』(医学書院)、『保健・医療・福祉複合体』(医学書院)ほか。
村上正泰
村上正泰
むらかみまさやす
山形大学大学院医学系研究科教授。専門は医療政策学、医療経済学、医療経営。
1974(昭和49年)生まれ。広島県因島市(現・尾道市)出身。東京大学経済学部卒業。
財務省、厚生労働省勤務保険局総務課課長補佐などを経て2010年2月より現職。

【著書】『医療崩壊の真犯人』(PHP新書)『日本の医療行政と地域医療』(日本医療企画) 【共著】『高齢者医療難民』(PHP新書)ほか。

良著のすすめ

表現者2013年51号 特集 保守による「保護主義」のすすめ ジョルダン¥1,300
表現者2013年51号 特集 保守による「保護主義」のすすめ ジョルダン¥1,300
保守による「保護主義」のすすめ
【特集座談会】
保護主義の正しさ――「自由貿易」が日本を滅ぼす

【座談会】
明治の精神――「開国」主義の罠
福澤諭吉 - その報国心と武士道 (中公文庫) 西部邁 (著) ¥820
福澤諭吉 - その報国心と武士道 (中公文庫) 西部邁 (著) ¥820
歴史の転換点に立ち、日本と西洋双方の臨界を見極めつつ、精神の平衡をとり続けた思想家。丸山眞男ら戦後知識人が描いた福澤像の歪みを解体した名著。
TPPと医療の産業化 二木立 勁草書房 2,625円
TPPと医療の産業化 二木立 勁草書房 2,625円
震災・世界経済の混乱に翻弄され、大きな岐路に立つ日本。医療・社会保障政策はどう変わるのか。最新の資料分析から将来を見通す。
【タグ】 政治  経済  社会        
西部邁ゼミナール TOP