西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2012年5月26日放送
この浅薄きわまる憲法を如何にせん【3】 平和「主義」という政治的小児病-戦争放棄条項

放送内容

■平和「主義」という政治的小児病―戦争放棄条項

■非武装、交戦権を持たないとはどういうことか

■3政党の憲法改正案にみる課題

■非常事態が入らない憲法は日本だけ

■GHQの顔色伺いつくられた憲法と近代史を顧みる

■世界の構造が変化している極東情勢の中にいる日本


第二章 戦争の放棄 第九条  
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

ゲスト紹介

東谷暁
東谷暁
ひがしたにさとし
1953(昭和28年)山形県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。雑誌等の編集を経て、1997(平成9年)よりフリージャーナリスト。
【著書】『エコノミストは信用できるか』(文春新書)『金融庁が日本を滅ぼす』(新潮文庫)『増補 民営化という虚妄』(ちくま文庫)『世界と日本経済30のデタラメ』(幻冬舎新書)『日本経済の突破口 グローバリズムの呪縛から脱却せよ』(PHP研究所)『エコノミストを格付けする』(文春新書)『増補・日本経済新聞は信用できるか』(ちくま文庫)『間違いだらけのTPP 日本は食い物にされる』(朝日新書)『郵政崩壊とTPP』 (文春新書)ほか。

良著のすすめ

表現者 2012年 05月号 ¥1,300ジョルダン
表現者 2012年 05月号 ¥1,300ジョルダン
特集 日本人よ、グローバルな「戦国」時代を生きよ
座談会 <戦争>と<暴力>
萱野稔人×柴山桂太 西部邁×富岡幸一郎
ご購読をおすすめします。
郵政崩壊とTPP (文春新書)東谷暁 ¥819
郵政崩壊とTPP (文春新書)東谷暁 ¥819
郵貯と簡保、総額300兆円のあなたの財産は大丈夫か?
この金融資産を虎視眈々と狙うTPPの思惑とは?
出版社文藝春秋 発売2012/4/19
【タグ】          
西部邁ゼミナール TOP