西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2012年5月19日放送
この浅薄きわまる憲法を如何にせん【2】 国家象徴の意義を知れ-天皇条項をめぐって

放送内容

□国家象徴の意義を知れ-天皇条項をめぐって

□そもそも象徴とは何なのか?聖と俗の境界

□非常事態における天皇の役割

□日本固有の国柄、歴史、文化の象徴としての天皇

□年号、元号に顕される国民の歴史感覚

□東日本大震災における御言葉

ゲスト紹介

富岡幸一郎
富岡幸一郎
とみおかこういちろう
文芸評論家、雑誌「表現者」編集長、関東学院大学文学部比較文化学科教授、鎌倉文学館館長。
1957(昭和32)年東京生まれ、中央大学文学部仏文学科卒。在学中「意識の暗室―埴谷雄高と三島由紀夫」で『群像』新人賞評論優秀作を受賞、文芸評論活動に入る。 
【著書】『打ちのめされるようなすごい小説』(飛鳥新社)、『非戦論』(NTT出版)、『文芸評論集』(アーツアンドクラフツ)、『新大東亜戦争肯定論』(飛鳥新社)、『スピリチュアルの冒険』(講談社)、『使徒的人間─カール・バルト』 (講談社文芸文庫) 【共著】『私小説の生き方』(アーツアンドクラフツ)、「文明」の宿命(NTT出版)ほか。

良著のすすめ

表現者 2012年 05月号 ¥1,300ジョルダン
表現者 2012年 05月号 ¥1,300ジョルダン
特集 日本人よ、グローバルな「戦国」時代を生きよ
座談会 <戦争>と<暴力>
萱野稔人×柴山桂太 西部邁×富岡幸一郎
ご購読をおすすめします。
使徒的人間──カール・バルト (講談社文芸文庫) 富岡幸一郎 ¥1,680
使徒的人間──カール・バルト (講談社文芸文庫) 富岡幸一郎 ¥1,680
【タグ】          
西部邁ゼミナール TOP