西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2012年5月5日放送
この状況では『紅テント』に馳せ参じよ

放送内容

□「紅テント」45年を振り返る

□芝居の科白や歌はどこからやってくるのか

□舞台空間における喧騒と叙情のバランスとは

□同世代の二人が語る戦後の世界

□新作「海星」の構想

□日本浪曼派の最後の大立者

ゲスト紹介

唐十郎
唐十郎
からじゅうろう
作家・演出家・俳優・劇団唐組主宰。
1940年(昭和15年)東京生まれ。明治大学文学部演劇学科卒業。1963年『劇団状況劇場』を旗揚げ、小劇場運動の先陣を切った。
1967年新宿花園神社に初めて紅テントを建て、『腰巻きお仙』を上演。以後テント公演を中心に活動を続け、韓国、バングラデシュ、パレスチナ、ブラジルなどの海外公演を行う。
1969年『少女仮面』で、第15回岸田國士戯曲賞受賞。78年『海星・河童少年小説』で、第6回泉鏡花文学賞受賞。
1982年『佐川君からの手紙』で、第88回芥川賞受賞。1988年『唐組』を結成。同年『さすらいのジェニー』を上演。芥川賞をはじめとする作家としての高い評価を得てからも劇団を率い、現在までほぼ年2回のペースで新作上演を続けている。

良著のすすめ

表現者 2012年 05月号 ¥1,300ジョルダン
表現者 2012年 05月号 ¥1,300ジョルダン
特集 日本人よ、グローバルな「戦国」時代を生きよ
座談会 <戦争>と<暴力>
萱野稔人×柴山桂太 西部邁×富岡幸一郎
ご購読をおすすめします。
唐組熱狂集成 唐十郎 〔2巻セット〕 ジョルダンブックス12,600円
唐組熱狂集成 唐十郎 〔2巻セット〕 ジョルダンブックス12,600円
自分が何者か知りたいなら、唐の言葉を口ずさんでみることだ。
ウルトラセンチメンタリズムに彩られた傑作戯曲全15作品。
唐組旗揚げ以来、初の本格的セレクション。
【タグ】          
西部邁ゼミナール TOP