西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2012年2月11日放送
小さな政府は嘘話だった―社会保障と税の一体改革とは一体全体何なのか? 

放送内容

■小さな政府は嘘話だった
●言葉だけが一体改革という空洞化した消費税増税論
●なぜ、今なのか?なぜ、消費税だけ増税なの?
●元財務官僚が解説!増税の論拠とそのタイミング
●東日本大震災からの復興、デフレの中での滅茶苦茶な議論
●大規模な財政なら大きな政府が必要になる
●適正な政府の規模も論じない小学生並みの議論
●構造改革、財政改革、抜本改革に続く一体改革

ゲスト紹介

村上正泰
村上正泰
むらかみまさやす
山形大学大学院医学系研究科教授。専門は医療政策学、医療経済学、医療経営。
1974(昭和49年)生まれ。広島県因島市(現・尾道市)出身。東京大学経済学部卒業。
財務省、厚生労働省勤務を経て2010年2月より現職。
【著書】『医療崩壊の真犯人』(PHP新書)『日本の医療行政と地域医療』(日本医療企画) 【共著】『高齢者医療難民』(PHP新書)ほか。
東谷暁
東谷暁
ひがしたにさとし
1953(昭和28年)山形県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。雑誌等の編集を経て、1997(平成9年)よりフリージャーナリスト。
【著書】『エコノミストは信用できるか』(文春新書)『金融庁が日本を滅ぼす』(新潮文庫)『増補 民営化という虚妄』(ちくま文庫)『世界と日本経済30のデタラメ』(幻冬舎新書)『日本経済の突破口 グローバリズムの呪縛から脱却せよ』(PHP研究所)『エコノミストを格付けする』(文春新書)『増補・日本経済新聞は信用できるか』(ちくま文庫)『間違いだらけのTPP 日本は食い物にされる』(朝日新書)ほか。

良著のすすめ

「文明」の宿命 西部邁 佐伯啓思 富岡幸一郎編著NTT出版1,680円
「文明」の宿命 西部邁 佐伯啓思 富岡幸一郎編著NTT出版1,680円
発売日2012.01.16エヌティティ出版
3.11以後、日本では「脱原発」に覆い尽くされている。近代文明と科学技術の限界に直面しながら、
なお未来を切り拓いていかねばならない現実を、どう乗り越えていくべきなのか。
表現者2012年03月号¥1,300 ジョルダン
表現者2012年03月号¥1,300 ジョルダン
発売日2012/2/16
表現者 2012年 01月号 ¥1,300 ジョルダン
表現者 2012年 01月号 ¥1,300 ジョルダン
『表現者』40号 
特集=資本主義と文明 その絶望と希望
世界はグローバルな経済危機、恐慌を前にして立ち竦んでいる。国際協調を言いながらも2008年の米国の金融バブル崩壊以来、このクライシスは各国の内側へと混乱と腐敗の浸食を深めている。
【タグ】          
西部邁ゼミナール TOP