西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2011年9月3日放送
民主党政治のメルトダウン

放送内容

現政権を正しく批判しつつこれまでを省みることで、この国難を乗り超える。

民主党幹部のにおけるmanchildぶり、―「国家を背負って生死を賭する覚悟」のなさ

「マニフェストの見直し」という政治的詐術―「数値・期限・段取り」を選挙民に選択してもらって、それを与党が実行できなければ政権交代するのが本旨であったはず

民主党マニフェストは「長期的方向性」としては正しかったという居直り―民主党には(ナチス党と同じく)綱領がない

国会における「討論の絶滅」―plurality(多数性)が唯一の基準となってしまったdemocrat「ism」(民主「主義」)―政策の「数値・期限・段取り」は「議会の討論」で決めるのがparliamental democracy(議会制民衆政治)の本意

ゲスト紹介

脇雅史
脇雅史
わきまさし
自由民主党参議院議員、参議院国土交通委員会委員、政治倫理審査会委員、参議院自民党国会対策委員会委員長。
1945(昭和20)年生まれ。1967(昭和42)年東京大学工学部土木工学科卒。
建設省入省。1979(昭和54)年中国地方建設局企画部企画課長、河川局治水課都市河川室長、関東地方建設局河川部長、
道路局国道第二課長、河川局河川計画課長、1995(平成7)年近畿地方建設局長など歴任。1997(平成9)年建設省退官。
1998(平成10)年参議院議員選挙初当選、2004(平成16)年再選、2010(平成22)年参議院議員選挙再選。
山谷えり子
山谷えり子
やまたにえりこ
自由民主党参議院議員、参議院内閣委員会理事、参議院予算委員会委員、参議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会委員。

1950(昭和25)年東京都武蔵野市生まれ、1973(昭和48)年聖心女子大学文学部卒業。出版社勤務を経て、ラジオ・雑誌・新聞の特派記者として渡米、家族・教育・生活問題などを取材する。サンケイリビング新聞記者、産経新聞生活面記者、テレビキャスター、エッセイスト、サンケイリビング新聞編集長として活躍。

2000(平成12)年衆議院議員初当選、2004(平成16)年第20回参議院議員選挙初当選。内閣府大臣政務官、内閣総理大臣補佐官(教育再生担当)、自由民主党女性局長などを歴任。
西田昌司
西田昌司
にしだしょうじ
自由民主党参議院議員、参議院予算委員会委員、参議院自民党国会対策副委員長。
1958(昭和33)年京都市生まれ。1981(昭和56)年滋賀大学経済学部卒業。1984(昭和59)年 税理士試験合格、1987(昭和62)年西田昌司税理士事務所開設。1990(平成2)年京都府議会議員に当選後、5期連続トップ当選 。2007(平成19)年参議院議員初当選。
【著書】「政論 保守の原点を問う-」「政論2 政治の原点を問う-」。「保守誕生―日本を陥没から救え」(ジョルダンブックス)ほか。

良著のすすめ

表現者 9月号 ジョルダン 発売中 特集:戦後66年目の大転換
表現者 9月号 ジョルダン 発売中 特集:戦後66年目の大転換
戦後66年目を迎えた日本は、東日本大震災と福島原発事故という未曽有の危機に直面している。この震災の瓦礫と、あの震災の廃墟を二重写しに比較する言動がないのはなぜか?震災を語る前に戦災を想い、現状からの転換を期待しようではないか。
危機の思想 西部邁 佐伯啓思 NTT出版1,680円
危機の思想 西部邁 佐伯啓思 NTT出版1,680円
柴山桂太、中島岳志、東谷暁、藤井聡、富岡幸一郎、中野剛志、原洋之介
【タグ】          
西部邁ゼミナール TOP