西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2011年6月25日放送
阪本順治監督×俳優佐藤浩市 あらまほしき映画〔1〕

放送内容

▽あらまほしき映画
▽危機の最中で、美意識を考える
▽良き映画は哀愁を帯びる
▽生きた科白には真剣な論議がある
▽「大鹿村騒動記」の魅力
▽荒野に独り佇む者こそ人を笑わせる

ゲスト紹介

阪本順治 〔映画監督〕
阪本順治 〔映画監督〕
さかもとじゅんじ
1958(昭和33)年大阪府堺市出身。横浜国立大学教育学部中退。1989(平成元)年『どついたるねん』で監督デビュー、芸術選奨文部大臣新人賞、日本映画監督協会新人賞、ブルーリボン賞最優秀作品賞など受賞し、日本映画界に大旋風を巻き起こす。『顔』では第24回日本アカデミー賞最優秀監督賞、キネマ旬報ベストテン第1位。

作品『鉄拳』『王手』『トカレフ』『BOXER JOE』『ビリケン』『傷だらけの天使』『愚か者 傷だらけの天使』『新・仁義なき戦い。』『KT』『ぼくんち』『この世の外へ クラブ進駐軍』『亡国のイージス』『魂萌え!』『闇の子供たち』『カメレオン』『座頭市 THE LAST』『行きずりの街』ほか。
佐藤浩市 〔俳優〕
佐藤浩市 〔俳優〕
さとうこういち
1960(昭和35)年東京都生まれ、1980(昭和55)年にNHKドラマ「続・続事件」で俳優デビュー。「青春の門」1981(昭和56)年でブルーリボン賞新人賞受賞後、「忠臣蔵外伝 四谷怪談」日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、「KT」ブルーリボン賞最優秀主演男優賞、「雪に願うこと」東京国際映画祭最優秀男優賞、毎日映画コンクール男優主演賞ほか受賞歴多数。 
映画「ザ・マジックアワー」「誰も守ってくれない」「アマルフィ女神の報酬」など多数出演。
「大鹿村騒動記」(2011年7月16日より公開)。
テアトル・ド・ポッシュ所属。

良著のすすめ

表現者 7月号
表現者 7月号
特集「原発、文明、復興―近代の危機にどう向き合うか」
與論形成に寄与する真正保守総合誌


【タグ】          
西部邁ゼミナール TOP