西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2011年1月8日放送
戦後日本における「共同体の完全破壊」【2】

放送内容

正しい政論は自民と共産の一部にのみあり
新自由主義を清算する
ゆきすぎの「自由」は『画一』に、ゆきすぎの「格差」は『差別』となる・・・バランスの取れた活力が公正ではないのか?

ゲスト紹介

大門実紀史
大門実紀史
だいもんみきし
日本共産党参議院議員。1956年(昭和31年)京都市生まれ、京都市立日吉ヶ丘高等学校卒業、神戸大学中退。
1984年(昭和59年)から東京土建一般労働組合の専従書記局員として勤務。
1996年(平成8年)同本部書記長に就任、全国建設労働組合総連合(全建総連)中央執行委員、建設労働組合首都圏共闘会議初代議長を歴任
1998年(平成10年)参院選挙に立候補(比例代表)次点、2001年1月に繰り上げ当選。
予算委員、財政金融委員、党参院国対副委員長、党議員団建設国保対策委員会事務局長、党中央委員
西田昌司
西田昌司
にしだしょうじ
自由民主党参議院議員、参議院予算委員会委員、参議院自民党国会対策副委員長。 
1958年(昭和33年)京都市生まれ。1981年(昭和56年)滋賀大学経済学部卒業。1984年(昭和59年) 税理士試験合格、1987年(昭和62年)西田昌司税理士事務所開設。1990年(平成2年)京都府議会議員に当選後、5期連続トップ当選 。2007年(平成19年)参議院議員初当選。【著書】「政論-保守の原点を問う-」「政論2-政治の原点を問う-」。「保守誕生―日本を陥没から救え」(ジョルダンブックス)ほか。

良著のすすめ

ルールある経済って、なに?―社会的公正(ソーシャル・ジャスティス)と日本国憲法
ルールある経済って、なに?―社会的公正(ソーシャル・ジャスティス)と日本国憲法
新日本出版社¥1,575
新自由主義の犯罪―「属国ニッポン」経済版2 大門実紀史
新自由主義の犯罪―「属国ニッポン」経済版2 大門実紀史
¥1,785 新日本出版社
【タグ】          
西部邁ゼミナール TOP