西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

2010年10月16日放送
『核』が日本を沈没から救う

放送内容

米国からみた日本の防衛政策・・・
オバマ大統領による核軍縮について、他の国は本気で捉えていない。
外交の舞台で子供扱いされる日本の外交官の本音・・・
日本だけには核を持たすなという核保有の3カ国に囲まれた状況で、抑止力になるのは核だけである。
国家は国民を守り、国民は国家に忠誠心を持つ。

ゲスト紹介

伊藤貫
伊藤貫
いとうかん
評論家、国際政治・米国金融アナリスト。
1953年(昭和28年)東京生まれ、米国在住、東京大学経済学部卒業。

コーネル大学で米国政治史・国際関係論を学び、ワシントンのビジネス・コンサルティング会社で、国際政治・米国金融アナリストとして勤務。「シカゴ・トリビューン」「ロサンジェルス・タイムズ」「セントピータースバーグ・タイムズ」「コモンウィール」「フォーリン・ポリシー」等に外交評論と金融政策分析を執筆。
CNN、CBS、NBC、米国公共放送、ITN、BBC等の政治番組で、外交政策と金融問題を解説。

良著のすすめ

『中国の「核」が世界を制す』(PHP研究所)
『中国の「核」が世界を制す』(PHP研究所)
村田良平回想録 下巻-祖国の再生を次世代に託して¥2,940ミネルヴァ書房
村田良平回想録 下巻-祖国の再生を次世代に託して¥2,940ミネルヴァ書房
【タグ】          
西部邁ゼミナール TOP