西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

「2014年8月」の記事を絞り込み表示中
(5件ヒット)
◇ 2014年8月31日放送
【ゲスト】木村三浩 富岡幸一郎 
クリミア編入後、世界で初めて現地に入った一水会・木村三浩代表による視察報告。ウクライナ問題の発端と背景を本質的に議論し、対露関係における日本の振る舞い方を示す。
木村三浩 クリミア現地視察リポート 詳細 >
◇ 2014年8月24日放送
【ゲスト】富岡幸一郎 桶谷秀昭 福田逸 
真の意味で脱戦後を論ずるためには、特攻隊をはじめ、堂々とあの戦いを振り返り正しく次の世代へ語り継がなければならない。「大東亜戦争とは何だったか」を論ずる最終週。
大東亜戦争とは何だったのか【3】「戦後」を超克せねば未来はない 詳細 >
◇ 2014年8月17日放送
【ゲスト】富岡幸一郎 桶谷秀昭 福田逸 
敗戦から69年。大東亜戦争は侵略ではなく避けられない絶対的な戦争だった。大東亜戦争の意義を認めなくて何とする!戦後70年の節目に自分たちの国を守ることを考える。
大東亜戦争とは何だったのか【2】大東亜戦争の意義を認めなくて何とする 詳細 >
◇ 2014年8月10日放送
【ゲスト】富岡幸一郎 桶谷秀昭 福田逸 
幅広い世代のゲストを迎え、大東亜戦争の名称の問題からその本質まで徹底的に議論する。戦後69年、日本人はあの戦争をどう捉えるべきなのだろうか。
大東亜戦争とは何だったのか【1】「戦後」の「歴史認識」 詳細 >
◇ 2014年8月3日放送
【ゲスト】富岡幸一郎 
家庭でも職場でも地域でも、活力溢れる言葉で論議する。西部邁塾長が塾生達と闊達な議論を展開する。
MX・表現者塾=若き表現者塾生との討論「戦争抑止を集団自衛に頼る属国根性」 詳細 >
西部邁ゼミナール TOP