西部邁ゼミナール

●メニュー

放送アーカイブ

「長谷川幹人」の記事を絞り込み表示中
(16件ヒット)
◇ 2017年4月8日放送
【ゲスト】青山恵子 長谷川幹人 
日本の古き良き歌における詞に込められた言葉の意味や曲をつくった時代背景を想起し、歴史から学ぶ、今の時代に必要な歌。 
「敗戦の跡を残す唄」 青山恵子日本の歌教室【21】  詳細 >
◇ 2017年4月1日放送
【ゲスト】青山恵子 長谷川幹人 
日本人のsense感覚・知覚を取り戻そう!TOKYOMX西部邁ゼミナール 
青山恵子日本の歌教室【20】 『哀しきかな,男女のあいだ』 詳細 >
◇ 2016年11月5日放送
個人で言えば人生について、社会で言えば歴史について、総合的な歴史感覚を持って時代を眺める「青山恵子日本の歌教室」。
総合的な歴史感覚を持って時代を眺めれば― 青山恵子日本の歌教室 【19】 『異郷の唄』 篇 詳細 >
◇ 2016年10月29日放送
第一次世界大戦から第二次世界大戦の間における政治・芸術運動など複雑な時代に生まれた歌 
日本人のsense感覚・知覚を取り戻す!青山恵子日本の歌教室 【18】『人生煉獄の唄』篇 詳細 >
◇ 2016年10月22日放送
明治維新にまつわる歴史が歌詞に認められ今も歌い継がれる「白虎隊」「田原坂」
「維新の唄」篇 青山恵子日本の歌教室【17】 詳細 >
◇ 2016年7月9日放送
日本人が失いかけているSense「感覚」「知覚」を取り戻す!価値ある良質なプログラム「日本の歌教室」
「戦争をはさんで」 作者、歌い手の人生や、曲が歌われた時代に想いを馳せる 詳細 >
◇ 2016年7月3日放送
都市化が進み農村風景は壊れ故郷というものが急速に失われた戦後、記憶が薄らいでも故郷を想う
「失われゆく故郷」 青山恵子日本の歌教室 詳細 >
◇ 2016年5月28日放送
古き良き日本の歌に認められた詞から歌を囲む情景を想像し、日本人が失いかけている感覚、知覚を取り戻そう!
青山恵子日本の歌教室【14】 「うみ(港・海・湖)の唄」 詳細 >
◇ 2016年5月21日放送
古き良き歌の詞に認められた歌を囲む情景から想像を高めセンス「感覚・知覚」を取り戻そう!
青山恵子日本の歌教室【13】 「流浪の唄」 詳細 >
◇ 2016年2月28日放送
【ゲスト】青山恵子 長谷川幹人 
新潟県新発田市出身の蕗谷虹児が詩に認めた「花嫁人形」と時代背景、「赤い靴」の少女をめぐるリアルストーリー、古き良き東京の風景を散策してつくられた「たきび」
【タグ】 文化 歴史 教育 戦争 
青山恵子日本の歌教室「童謡」篇 詳細 >
◇ 2016年2月21日放送
【ゲスト】青山恵子 長谷川幹人 
なぜ、日本の歌にはこれほど悲哀、哀感が込められている曲が多いのか?声楽家・メゾソプラノの青山恵子日本の歌教室「さすらいの唄」篇。
【タグ】 文化 歴史 教育 戦争 
哀感たっぷり青山恵子日本の歌教室 詳細 >
◇ 2015年12月6日放送
日本の伝統的な旋律、短調のメロディー!歌詞に認められている情景を想像して現代において失われつつある感覚を取り戻す。
【タグ】 政治 社会 文化 歴史 教育 国家 戦争 
日本の「子守唄」にはなぜ悲哀がたっぷり含まれているのか 青山恵子日本の歌教室【第10回】 詳細 >
◇ 2015年11月29日放送
旧制高校や学生寮で歌い継がれている寮歌「嗚呼玉杯に花うけて」「都ぞ弥生」はじめ4曲を披露!
【タグ】 政治 社会 文化 歴史 教育 国家 戦争 
「寮歌」の歴史に尋ねる『青山恵子日本の歌教室』 詳細 >
◇ 2015年8月23日放送
現代の日本人が忘れかけている感覚=センスを鍛え直す良質なプログラム!明治から一世紀に及び日本人によって歌詞を与えられた外国の歌、日本人の心の奥底にあるものとは?
【タグ】 政治 文化 歴史 教育 国家 
「外国からの歌」 青山恵子日本の歌教室第8回 詳細 >
◇ 2015年8月16日放送
あの大東亜戦争において日本がアメリカに大敗してから70年!日本人が「歴史の運命」に敏感だからなのか日本の「戦いの歌」には昔も今も異常なまでの悲哀が込められている
【タグ】 政治 文化 歴史 教育 戦争 
「歴史からの歌」 青山恵子日本の歌教室第7回 詳細 >
西部邁ゼミナール TOP