TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

高齢化歯止めに「ハローキティ」 東京・多摩市

(地域・まち - 2018年11月5日 18時30分)
 11月1日に東京・多摩市は47回目の市制記念日を迎えました。東京駅から電車で1時間ほどで行ける多摩地域は、動物園や公園などがある自然豊かな場所ですが、多摩市の喫緊の課題が「住民の高齢化」です。65歳以上の人口が占める高齢化率を見てみると、2000年の多摩市は11%で、全国平均を下回っていましたが、2020年の予想では30%を超え、全国平均を上回る予想となっています。この課題に対して多摩市が頼みの綱にしているのが、市内にあるサンリオピューロランドの人気者「ハローキティ」です。

 1990年にオープンしたサンリオピューロランドは、キャラクターやショーを目当てに年間でおよそ200万人が訪れる施設です。中でも人気の「ハローキティ」は11月1日生まれで、ピューロランドがある多摩市も、同じ11月1日に町から市へと生まれ変わりました。市ではこの縁を生かし、ハローキティと手を組んで「高齢化問題」を解決しようと取り組みを進めています。多摩市・企画政策部の永井陽介さんは「いかに多摩市の良さを伝えるか。サンリオと組むことで、多摩市に来てもらう機会を増やしたい」と語ります。

 市がまず、ハローキティの力を借りたのが、市を訪れるための交通です。多摩市が京王電鉄と協力して市制記念日=11月1日から運行を始めたのが、ハローキティなどが描かれたラッピング電車です。車両全体がピンク色のかわいらしいデザインで、車内にもサンリオのキャラクターたちが描かれ、ドアの注意書きにもハローキティが登場する徹底ぶりです。この電車は東京都心を走る都営地下鉄新宿線にも乗り入れているため、広い地域から多摩市のピューロランドに来てもらうのが狙いです。

 タッグは他にも行われています。多摩市はことし、ふるさと納税の返礼品として、市内にあるホテルの「ハローキティルーム」の宿泊券や入園チケットなどが付いたプランを用意しました。ハローキティルームは壁一面にキャラクターが描かれていて、室内のペットボトルやアメニティーまで、ハローキティ一色です。多摩市はピューロランドを訪れる若い世代や家族連れに市の魅力を知ってもらい、移り住む人を増やすことで市内の高齢化に歯止めをかけたい考えです。

 多摩市・企画政策部の永井さんは「多摩市に関わりのある人が増えることで街に活気が生まれ、将来的に多摩市に住んでもらったり、継続的に多摩市に来てもらえるようなきっかけになれば」と話します。

 2年後の2020年にはサンリオピューロランドが開園30周年を迎えます。翌2021年に市制50周年を迎える多摩市は、今後も“街の人気者”と一緒に盛り上げを図ります。

ただ今、放送中の番組

出演者紹介

  • 有馬 隼人 有馬 隼人
  • 田中 麻耶 田中 麻耶
  • 結城 香織 結城 香織

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 小池知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京JOBS 東京JOBS
毎週水曜日
21:54~22:00
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載