TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

子どもの自殺 「悩みは抱えず相談を」

(福祉・教育 - 2017年9月12日 18時30分)
 9月10日はWHO=世界保健機関が定める「世界自殺予防デー」です。東京都はこれに合わせて、9月を自殺対策強化月間としています。夏休み明けの時期に子どもの自殺が増えるという傾向もあり、対策に当たっている人は「悩みは1人で抱えず、相談してほしい」と呼び掛けています。

 東京都内では9月に入ってから子どもが自ら命を絶つ事態が相次ぎました。墨田区では本格的に授業が再開する4日に中学生がマンションから飛び降りて死亡し、江戸川区では進路について悩みを抱えていたという高校生が首をつって亡くなりました。

 子どもたちはさまざまな悩みを抱えています。高校生からは「中学生の頃から友達付き合いが悪くて、どうしても相手を傷つけてしまうことを調子に乗って言ってしまう」「お母さんとけんかしたり、部活がうまくいかなかったり、嫌だと泣いたり、私なんかいなくていいと(思ってしまったこともある)」といった声や「いじめを小学校の頃に受けたが、先生が優しく寄り添って悩みを聞いてくれたし、先輩も『どうしたの』と声を掛けてくれて、悩みを相談した」といった声も聞かれました。

 子どもの自殺は、夏休みが明けて授業が本格的に再開する9月に増える傾向にあります。内閣府は「長い休みが明けた直後は子どもたちにとって生活環境が大きく変わるきっかけになりやすく、大きなプレッシャーや精神的な動揺が生じやすいと考えられる」としていて、専門家は、大人たちも丁寧に話を聴くことが大切だと指摘します。

 しながわチャイルドラインの矢吹陽子さんは「女の子は友達関係、男の子は中高生が多くて自分の体や性のことでの電話相談が多い」として、「悩むことはすごく大事なこと。だからじっくり悩んでいいと思うし、人になかなか相談できないのもそれでいい。でもじっくりと悩んでどうしようもなくなった時には、誰かに相談をしてくれたらいいなと思う」と呼び掛けています。

 子どもたちにかけがえのない命の尊さをもっと分かってもらいたいと、中野区の学校では絵本の読み聞かせを通して考える特別授業が行われました。

 読み聞かせを行った絵本作家の夢ら丘実果さんは小学生の頃にいじめに遭い、心身共に追い詰められた状況に陥ったことがあるといいます。夢ら丘さんは生徒たちに「教科書やノートが破かれたり、開くと落書きがあったり。いじめられたのは本当につらかったが、私の場合は担任の先生が毎朝優しく声を掛けてくれた」と体験を語った上で「助けてもらったり支えてもらうことが本当に大きな力になる」として、「悩みを相談すること」と「互いに支え合うこと」の大切さを訴えました。

 夢ら丘さんは「根本的な悩みを解決していくことが大事。悩みを抱えた時に相談すると心が軽くなることすら知らない子がすごく多い。心の病気があることも知らない。心の病気の存在、ストレスの対処法など、相談することで心が軽くなる」と話しています。また、以前、読み聞かせの後、生徒から「話すことで救われることを知って、生きる力をもらった」という感想を受け取ったと夢ら丘さんは語り、「守ってくれる人は必ずいる」と呼び掛けています。

- * - * - * -

 東京都などは「悩みは自分だけで何とかしようとせず、誰かに相談することが大切」だと呼び掛けています。
■チャイルドライン(18歳までを対象に相談を受け付け)
電話0120-99-7777(毎日、午後4時~午後9時)

■東京都自殺相談ダイヤル「こころといのちのほっとライン」
電話0570-087478

出演者紹介

  • 有馬 隼人 有馬 隼人
  • 田中 麻耶 田中 麻耶
  • 結城 香織 結城 香織

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 小池知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京JOBS 東京JOBS
毎週水曜日
21:55~22:00
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載