TOKYO MX NEWS

東京で暮らし
働く人のためのニュース番組

都議選大敗の自民党 下村会長の後任巡り思惑交錯

(都政 - 2017年7月10日 18時30分)
 東京都議会議員選挙から1週間がたち、大敗した自民党は辞任する意向を示している東京都連の下村会長の後任を巡り、党の中でさまざまな思惑が交錯しています。

 都連関係者によりますと、次期都連会長に名前が挙がっているのが安倍首相の側近ともいわれ、都議選では小池知事率いる都民ファーストの会を厳しく批判していた丸川五輪相です。また、日本新党時代に小池知事と関わりがあった鴨下一郎元環境相を擁立する動きもあるということです。

 こうした中、会長の決め方を巡り、10日には東京都連に青年部の川松真一朗都議会議員ら3人が要望書を提出しました。要望では「都連組織の抜本的改革を求める」として、都議選の敗因を明らかにした後、開かれた仕組みによる会長選考をすることを求めています。川松都議は「(会長は)誰でもいいと思っているが、なぜ今回このような結果になったのかしっかりと分析しないで雰囲気で選んでしまうと大失敗になってしまうのではないかと心配で、申し入れた」と述べました。

 また、平将明衆院議員ら東京都選出の国会議員も、自民党員らによる選挙で都連会長を決めるよう要望書を提出しました。都議選の余波が広がる中、党内に軋轢(あつれき)が生じる可能性を秘めたこれらの動きについて、都連幹部は慎重に判断するとしています。

◇ ◇ ◇

 一方、今回の都議選から小池知事との協力体制を敷いている公明党は、都議選後初めてとなる総会を開きました。都議会公明党の東村幹事長は「ここに全員23人が集い合えたことを心から感謝し喜び合いたい」と述べました。

 都議選で候補者23人全員が当選した公明党は総会で、幼児教育の無償化や介護職の処遇改善などといった公約に掲げた政策を一つ一つ進め、議会の改革にもしっかりと取り組んでいくことを確認しました。

 総会の後、取材に応じた東村幹事長は「公明党がいままで培ってきた経験と一人一人の政策立案能力を生かし、知事を支えていきたい」と述べ、今後の議会運営について、第1党になった都民ファーストの会からの提案を待ち、会派内で検討を進める考えを示しました。

出演者紹介

  • 汾陽 麻衣 汾陽 麻衣
  • 山本 舞衣子 山本 舞衣子
  • 村上 幸司 村上 幸司
  • 牧野 結美 牧野 結美
  • 角田 佐哉香 角田 佐哉香
  • 藤田 真奈美 藤田 真奈美

ニュース・情報番組

東京マーケットワイド 東京マーケットワイド
毎週月~金曜日(MX2)
8:30~11:40 12:29~15:20
東京インフォメーション 東京インフォメーション
毎週月~金曜日
7:15~7:20
都知事定例会見 小池知事定例会見
毎週金曜日
13:59~(予定)
東京JOBS 東京JOBS
毎週水曜日
21:55~22:00
東京都議会中継 東京都議会中継
HPに放送日掲載