大みそかに初雪 平年より3日早く

( - 2017年12月31日 18時30分)

 12月31日の朝、気温が下がり、真冬並みの寒さとなった東京都心で、平年より3日早く初雪が観測されました。午前9時半ごろ、都心では一時的に雪が降り、気象庁は初雪を観測したと発表しました。

 気象庁によりますと東京都心で初雪が観測されたのは平年に比べて3日早く、去年より37日遅いということです。弱い気圧の谷が関東に接近し、雨雲がかかって気温が低いところでは雪になりました。

 雪が降った時間帯の気温は都心で4度ちょうど、練馬と八王子では2度9分と、真冬並みの寒さとなりました。気温が一気に下がった都内では厚手のコートを着て歩く人たちの姿が目立ちました。

 元日の都内は気温が10度台まで上がる予想で天気も回復する見込みです。

続きを読む