あらすじ

故郷の四国・高知で寂れた大衆食堂を営む厳しい父、優しい母に育てられた猫田今日子。
父への反発から家を飛び出し、憧れの東京へ。
入社早々異例の大抜擢でグルメコラムを任される今日子だったが、
ミスばかりの毎日に、先輩編集部員からの猛反発を受け孤立していく・・。
肝心な時には、見てみぬフリの頼りない編集長。露骨な嫌がらせをするライバル。
「料理なんか嫌いだ!」そうつぶやきながら、それでも、負けずに立ち向かっていく。
我慢に我慢を重ねて、食べる名店の料理の数々。
「うまい!」涙の向こうに今日子は何を見つけるのか。
食レポ先でいつも今日子を助け、励ます謎の男とは。
そして、反発していた父親に隠された意外な過去とは・・。

(c)「泣きめし今日子」製作委員会