TOKYO MXトップドラマ泣きめし今日子 > キャスト・スタッフ

キャスト

猫田今日子(安達花穂)

高知から出てきたばかりの新卒。
ドジでポンコツだが頑張り屋で負けず嫌い。
他人には絶対に涙を見せないが、実は泣き虫。食べて泣く。
社会でダメ人間のレッテルを貼られながらも、正直に一生懸命に、
年がら年中、転びながら人生を突進していく。

WEBチーム まめまめ探検隊 西海愛美(坂崎愛)

花形編集者。
自らレポーターを務め、ファンクラブがあるほどの人気編集者。
今日子が入るまでは一番の新人だったが、その人気ゆえに誰もが一目おいている。
新人今日子イジメの急先鋒だが、愛美の今日子への不満はただ一点、仕事が出来ないこと。

WEBチーム まめまめ探検隊 高坂奈々子(上田奈々)

苦労の末に掴んだ、まめまめ探検隊主力メンバーだったが、イマイチパッとせず、あっさり愛美に花形の座を奪われる。
愛美を慕っているようで、内心は面白くないと思っている。
今日子には優しく接するが、実は嫌っている。

謎の男 一之瀬健太郎(ブラザートム)

今日子が行く取材先の店に、何故か毎回登場する。
おすすめ料理を教えてくれたり、ちょっとしたアドバイスをしてくれたり、
時には突き放したり。
最初は気持ち悪がっていた今日子も、次第に心を開いていく。
実は、まめプラス推進委員会の会長。
今日子の父の過去を知る男。

今日子の父 猫田恭介(利重剛)

今日子の父親。奇跡の料理人。
四国の田舎で大衆食堂を営むが、元は、超一流ホテルのカリスマシェフ。
「地位と名誉の為に料理があるのではない」と突然退職して故郷の四国で食堂を開店するが、体に良い食材にこだわりすぎる料理で採算が合わず、いつも赤字。ほとんど喋らない。
今日子とは不仲。業界では行方不明扱い。

今日子の母 猫田さより (清水美沙)

今日子の母親。娘の一番の理解者。
心配性だが、強い愛情で今日子を見守っている。
赤字の大衆食堂を必死で支えている。
結婚前は雑誌編集者として活躍していたが、今日子はそのことを知らない。

スタッフ

デビッド・宮原

監督・脚本
トミーズアーティストカンパニー プロデューサー。
劇団 前方公演墳及び劇団 前墳バックドロップス主宰。
短編映画「ラブストーリーに罪はない」監督、ショートショートフィルムフェスティバルアジア2014ノミネート作品「スプリットの恋」にて脚本・監督も手掛ける。

ただ今、放送中の番組

(c)「泣きめし今日子」製作委員会