必殺仕事人V

放送終了しました。

放送情報

2015年6月16日放送
第11話
「主水、送別会費を全額盗まれる」
かつての名仕事人亀吉は、今は老いぼれて見る影もない。その亀吉が、孫娘おはんの嫁入り資金を手に入れようと大仕事をもくろんでいた。始末する相手は、主水も入れぬ無法地帯「浮島」の支配者・海蛇。だれも本当の顔を知らない男だ。そんな折、おはんが海蛇一味に捕まり、引き取りに来いという矢文が亀吉に届く。

登場人物

中村主水……藤田まこと
表の顔はうだつの上がらぬ南町奉行所“昼行灯”同心だが、裏の顔はベテランの“仕事人”。
花屋の政……村上弘明
表稼業は花屋を営む心優しき若者。しかし裏稼業では梅や牡丹などの枝を切り、その鋭い切り口で相手の首筋を刺す殺し技の“仕事人”。実の母を自ら仕留めた過去がある。
組紐屋の竜……京本政樹
腕のいい組紐職人だが、実は元・伊賀の忍者。恋人と人間らしく生きようと抜け忍となるが、その恋人には裏切られる。端に鈴のついた五色の組紐を相手の首に巻きつけて絶命させる殺し技を見せる。
おりく……山田五十鈴
三味線弾き。江戸に戻り主水らと“仕事人”を再開。三味線のバチで相手を仕留める。
加代……鮎川いずみ
“何でも屋”の看板を掲げ“仕事人”の情報収集係を担当。相変わらず金には目がない。
西 順之助……ひかる一平
長崎での勉強を終えて江戸に戻ってきた。投石器も電磁石をつけパワー・アップ。相手の鉄製の武器を吸いつける。
お新……灘 陽子
順之助の親が決めた婚約者。わずか14歳ながら早熟で、順之助を追いかけまわし閉口させる。
玉助……梅津 栄
“順ちゃ~ん”と順之助を追いまわすオカマのおひろめ屋。強力なライバルの出現に色めきたつ。
「松竹 必殺仕事人祭」詳しくはこちら

(C)ABC・松竹