このドラマは数奇な運命に翻弄され、苛酷な人生を辿りながらも、
自らの信じる道をひたむきに生きる姉妹・真世と香世の30年に及ぶ壮大な愛の物語である。

物語は主人公である姉妹・真世と香世の誕生から始まる。
昭和45年、大阪で万博が開催され、時あたかも列島改造ブームに沸き、
金銭、名誉、権力の欲に溺れ、互いに競い合う高度経済成長まっしぐらの時代。
まさに人々の心の中から「真心」や「思いやり」といった大事なものが
こぼれ落ちていく時代だった。

看護婦の鏡子は、愛する男・豊樹の裏切りを許せず、
豊樹が結婚した富貴子との間に誕生したばかりの赤ん坊を略奪、
ぼたんと名付け溢れんばかりの愛情をかけ、密やかに育てる。

失意の豊樹と富貴子は、翌年、次女・香世に恵まれ、悪夢を忘れるためにも心血を注いで育てる。
こうして実の姉妹である真世と香世は、大人になるまで互いの存在を知ることなく成長する。
しかし運命のいたずらは、2人をひとつ屋根の下に住まわせる選択をする。
妹・香世は大富豪の令嬢として、そして姉・真世は、そのお手伝いさんとして。

やがて2人に、真実を知る日が訪れる。
しかしその時、同時に1人の男・由岐雄を愛していて・・・。
「無私の心」で全ての人に愛情を注ぐ真世。
対極ともいえる「利己」に生きる香世。
姉妹がその後選択した生き方とは・・・。


【脚本】
中島丈博

【監督】
西本淳一/油谷誠至/皆川智之/藤木靖之

【出演者】
三上ぼたん(野島真世)・・・大河内奈々子
野島香世・・・小沢真珠
三上鏡子・・・川上麻衣子
野島豊樹・・・神保悟志
野島富貴子・・・北原佐和子
野島泰造・・・佐藤仁哉
野島冬子・・・一柳みる
清原由岐雄・・・西村和彦



(C)東海テレビ/ビデオフォーカス