放送情報 / on air

2015/08/02 のゲスト
宇治田みのる
18歳の時、DJとして活動を開始。19歳の頃から海外のクラブシーンを勉強するため、定期的に渡米。N.Y L.Aと多くのNET WORKを作り、日本国内への海外のDJのブッキングや海外アーティストのライブをプロデュースをする。その後、数多くのイベントや店舗のプロデュースを手がけ、1991年9月六本木にクラブ『エロス』をオープンさせる。閉店まで『TOKYO NO.1 NIGHT CLUB』として日本のクラブシーンを引っ張り、全国のクラブキッズから絶大な支持をうけ、ストリートカルチャーのトレンドリーダーとしても常に注目される人気あるDJと言われる。また、「エロス」閉店後もクラブDJにとどまらず、スポーツイベントのMCをはじめ、テレビ番組へのレギュラー出演、ドラマ出演、ラジオレギュラーパーソナリティー、雑誌の連載等のあらゆるメディアに起用されている。また、クラブイベントとしては六本木R?Hallにて『スーパーフライデー』を94年よりプロデュース。更に、雑誌「FINE」との共同プロジェクトとして「FINE NIGHT」全国ツアーをプロデュース。夏・冬あわせ年間40店舗以上でのクラブイベントを実施している。99年3月3日にAVEXTRAXより宇治田みのるのトータルプロデュースによる同名タイトルのコンピレーションCD『FineナイトVol. 0』を発売。そして、CDクレジットされる最後の楽曲を、作詞作曲を始め宇治田みのるがプロデュース、ボーカルには、Fineモデルとして全国的な人気を誇る「小柳リサ」を起用。これの発売を記念し、Fineナイト全国ツアーが99年3月の苗場プリンスホテル内「ブリザディウム」を皮切りに全国25ヶ所の会場で実施。そして9月には「Risa koyanagi feat.Minoru Ujita」マキシシングル『(GONNA MAKE YOU)PARTY TONIGHT』、更に『FineナイトVol.1』を発売。翌年の7月には、『FINEナイトVol.2』をリリースし、それと連動し『Fine Night2000全国ツアー』が春と秋に全国各地で開催された。TV番組において2000年3月から、毎日NHKのBS2でクラブ系音楽番組『Club Sunset』の総合司会、企画、プロデュースを務め、日本全国のあらゆるジャンルのDJやアーティストが出演。ファッション分野では、オリジナルストリートカジュアルブランド『SOUL』をプロデュースし、又、スポーツの分野においては、数多くのサーフィン大会の総合司会を務めサーフィン業界における認識度も非常に高く、海の男としてもカリスマ的人気を誇っている。そして、資生堂『シーブリーズ』のブランドオーガナイザーとしてや、2004年10月にはプロデューサーとして、西麻布「CLUB XROSS」をオープンし、毎週末1000人近くの客を動員し、地位を不動のものとした。
CLUB XROSS閉店後、2009年にオープンした麻布十番「DIX LOUNGE」をプロデュース。また、POKKAコーヒーとサーフィンをコラボレーションや時計ブランドNAUTICAのPRプロデューサーを行う等、幅広く活動しその様々な分野で活躍する姿は現代の若者にとって憧れの存在である。そして、Fine Nightのプロデューサーとして、またFine Nightを通じて、東北沖地震で震災した海に寄付を行ったり、2012年麻布十番に新しくオープンした「ColoR.-tokyo night café-」の、レジデントDJとして毎週末1000人近くのクラウドを盛り上げており、今もなお、海とクラブに貢献し続けている。

  • 1. 潮騒 (THE WHISPERING SEA) / 山下達郎
  • 2. Many Classic Moments / Kalapana
  • 3. Still,I'm In Love With You / 角松敏生
  • 4. Let's Go Round Again / Average White Band