TOKYO MX 放送番組審議会レポート

放送番組審議会は、放送法で定められた審議機関で、放送番組が公共性の観点から適正に編成・制作されることを目的に設置されています。TOKYO MXの放送番組審議会は、開局前の1994年に発足し、現在7名の委員により、熱心な意見が交わされています。

< 番組「ニュース女子」について >

2017年2月28日

番組「ニュース女子」に関する意見書 PDF形式(118kB)

< 第218回放送番組審議会 >

◇開催日時平成29年5月11日(木) 11時~12時30分

◇出席委員中鉢良治委員長、砂川浩慶副委員長、今井澄子委員、佐藤次郎委員、村上啓子委員、山田計一委員、イアン・ド・ステインズ委員

◇議 題「 ~週末ハッピーライフ~お江戸に恋して 」について

議事概要

◇局側からの報告

▼放送番組の種別の報告について

2017年上期の放送番組種別について報告。

▼「刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩」DVD発売について

1月から放送し、人気を博した「刀剣乱舞 おっきいこんのすけの刀剣散歩」のDVDが来月発売になることを報告。

◇ 審議内容

▼「 ~週末ハッピーライフ~お江戸に恋して 」について審議されました

委員の皆様から、標記の番組について、次のようなご意見やご提案をいただきました。

  • 緩い雰囲気があるので、今後はゲストの人選にこだわるほか、街紹介のコーナーでポイントを絞り、強いイメージを与えてほしい。
  • ストレッチを短時間で紹介しているのが良かった。スタジオでの会話は平板という感じはするが、街紹介は面白く、全体的にいい番組だと思った。
  • 良くも悪くもMXらしい番組だと感じた。スタジオのセットに工夫を凝らしてほしい。
  • 出演者4人にそれぞれの良さがある。特に、MCの田中雅美さんは進行も上手で、声の質も良い。
  • 番組の構成に変化がなく、単調だった。もっとこだわりが見たいと思った。
  • テーマをスポーツと歴史に絞ったのは良く、のんびりと見られて分かりやすい。今後どうブラッシュアップしていくかが課題だ。
  • 安心して見られる番組だが、テーマが江戸再発見なので、単調にならないよう、どこに意外性をだすかがポイントになる。

TOKYO MXでは、こうしたご意見やご提案を、より良い番組作りに活かしていきたいと考えております。


(ご意見に対して取った措置)

  • 砂川副委員長からご指摘のあった、HPの公表方法の改善については、MX公式HPのTOPページに「放送番組審議会」を並べて表示致しました。
  • 砂川副委員長からご指摘のあった、番組審議会の記録のアーカイブ化については、放送番組審議会ページに2016年度分からの概要ページのアーカイブを掲載致しました。
  • 今井委員、中鉢委員長からご指摘のあった、スタジオセットの背景については、今後検討して参ります。

< これまでの番組審議会概要 >