TOKYO MX > アニメ > アニメの神様『機動戦士ガンダムSEED―HDリマスター版―』 >  アニメの神様『機動戦士ガンダムSEED―HDリマスター版―』 PHASE-27 2017年3月14日(火)放送

アニメの神様『機動戦士ガンダムSEED―HDリマスター版―』

アニメの神様『機動戦士ガンダムSEED―HDリマスター版―』

火曜日 22:29~23:00

放送は終了いたしました。

お気に入りに入れる
放送情報

放送情報


PHASE-27 果てなき輪舞(ロンド)

2017年3月14日(火)放送

 オーブのドックでは、戦闘で傷ついたアークエンジェルの修理が進んでいた。モルゲンレーテ社の技術者エリカ・シモンズ。M1アストレイの開発責任者でもある彼女は、アークエンジェルから提出されたデータを分析していた。彼女はこれまでのストライクの戦闘データを解析し、キラ・ヤマトの高い能力値に驚嘆する。
やがて、モルゲンレーテの工場に案内されたキラに、エリカは、自社で開発の遅れているオーブ軍のMS、M1アストレイのサポートOSの開発をキラに依頼する。
驚くキラに、同行してきたカガリは言った。これが平和の国オーブの真の姿、他国を侵略せず、侵略を許さず、干渉しない…その意志を守るための軍事力がこれだ、と。だがカガリは、父ウズミがそれを破り、地球連合に協力してしまったのだ、と非難するのだ。
エリカは、それがカガリの誤解なのだとたしなめつつ、M1アストレイの搭乗員を呼び、訓練風景を見せる。
そのぎこちない動きは、パイロットの未熟さはもとより、OSも開発途上にあることを物語っている。エリカは言う。自分たちのMSも、キラの乗るストライクのように、強化したいのだ、と。


過去の放送

(c)創通・サンライズ